逆転投資記録

ウォーレンバフェットに憧れるブログ

日本株?米国株か?

最近、米国株の投資が話題になっています。

証券会社で簡単に米国株を買う事ができるようになってきたからですね。

 

アメリカの経済は順調に成長していますので投資先としては最適だと思います。

一方、日本株はコロナショック後に回復はしていますが、成長しているのかは疑問ですね。

世界的に見ても全株式の半分になるアメリカと約8%程度の日本とどちらを対象にすべきかは考える余地がないと思います。

日本人なので日本に投資したい気持ちもありますが、国の財政状況を考えても日本を優先に考えることは、インフレリスクもあって危険だと思います。

 

自分としてはS&P500か、全米株式、又は全世界のインデックス投資をこれからはメインで考えていきたいとは思います。

ただし、米国は順調すぎて少し怖い気もしていますので全世界の比率を上げて行こうかと考えています。

それでも中身としては米国が多くなってしまいますね。

 

 

buffettan.hatenablog.com

 

 

 

株と債権?比率は?

年齢が上がっていくと投資先は安全なものにしていく方がいいと言われています。

株だけでなく、債権の比率を上げていくべきとの意見もあります。

 

よく聞くのは100-年齢(%)で株の比率を下げて、債権の比率を上げると言うのがあります。株より債権の方が安全だと言う考えだと思います。

老後に株が暴落した時に生活ができなくなる可能性があるからですね。

 

自分の場合はどうしているかと言うと債権は基本的に投資の対象としていません。

ウェルスナビをやっているのでその一部が債権にも投資されているようですが、あまり重要視していません。

 

債権は配当金の利率が低いのが問題ですね。基本は株式で考えています。

まだ、定年まで少し時間があるのでまだ守りに入る時期ではないと思っています。

その代わり個別株ではなく、インデックス投資でリスクを下げています。

 

 

buffettan.hatenablog.com